忍者ブログ
プロフィール
HN:
すみえ
性別:
女性
職業:
designer&maker
趣味:
美術館めぐり
自己紹介:
札幌にて
アクセサリーや
インテリア雑貨の
制作をしています。

様々な技法と
素材を扱えるからこその
「すみえ」ならではの
作品づくりを目指しています。

工房「めがねゆきうさぎ」主宰
札幌貴金属工芸組合 準組合員
お問い合わせ
megane_yukiusagi@yahoo.co.jp
最新記事
ブログ内の 「すみえ」オリジナルの 掲載作品・キットの複製や その販売を固く禁じます。 また、ブログ内の記事・写真の 無断転載・複製・複写・コピーは ご遠慮お願いいたします。
ありそうでない。 心くすぐられる。 感覚をよびさます。そんな自然の色、空気感、形を連想させるアクセサリーを作成しています。
Prev Month12345678910111213141516171819202122232425262728293031Next Month
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

category :
「鳥獣戯画」展など
今週は東京へ
勉強のあいまに
趣味の美術館めぐりを。

上野周辺をぐるぐる…。



まずは東京国立博物館の「鳥獣戯画」展!

並びました…。
平日の朝いちばんなのに
入館まで1時間待ち。



巻物まで1時間待ち。。。

それでも本物を見られて
よかったです。
紙の質感や筆のタッチ。
本当に生き生きと描かれていて
今にも紙から抜け出して
動き出しそうな印象でした。

前期・後期展示で
全部見られないのは
なんとも致し方ないのか…。

見終わってから
列の待ち時間をみたら
110分待ちになっていました。。。

札幌ではさすがに
ここまで並ぶことはまずありません。
東京って都会ですね。



帰り道の水際には
鳥獣戯画のパネルが。
にくい演出です。
…そして相変わらず長蛇の列。

「鳥獣戯画」展のお隣では
「インドの仏」展も。
こちらも興味深く観覧。

お近く東京都美術館の
「大英博物館100のモノが語る世界の歴史」も観覧。
時間軸に沿って世界各地の作品が並ぶ
という手法がとても面白く感じました。




新宿付近もうろうろ。
太田記念美術館の「広重と清親」展へ。



歌川広重は
みなさまご存知の教科書にものっている
「東海道五拾三次」などを手掛けた
江戸時代に活躍した絵師。

小林清親は明治時代に活躍した絵師です。
陰影がとても印象的で
近代化しつつある景色をとらえ
ニスを塗るなど新しい手法を取り入れたりも
しています。
構図が素晴らしくて勉強になります。

そして今回は、葛飾北斎の娘
葛飾応為の作品も見られて貴重でした。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
PR
category : +美術館・展示会 comment [0]
COMMENTS
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
COMMENT
PASS
Secret?
TOP